PRESS

2019.09.09

国内初、ゴルフ場がLUUP電動キックボードを導入
栃木県「セブンハンドレッドクラブ」の一般利用客向けに無料提供開始
〜約30坪エリア内の移動効率化に寄与、社会実装に向けた有用性も検証〜


株式会社Luup(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:岡井大輝、以下Luup)は、栃木県のゴルフ場「セブンハンドレッドクラブ」 (本部:栃木県さくら市、経営:株式会社セブンハンドレッド、代表取締役社長:小林忠広)のエリア内移動用に電動キックボードを提供します。

▲ゴルフ場「セブンハンドレッドクラブ」とLUUP電動キックボード

Luupは、電動キックボードをはじめとする電動マイクロモビリティのシェアリング事業「LUUP(ループ)」を展開する2018年創業のベンチャー企業です。 LUUPの将来的な提供により、好きな場所から好きなタイミングで電動マイクロモビリティに乗ることができる社会を実現することで、日常生活や観光時における移動の利便性向上を目指しています。

電動キックボードは、海外で流行している電動小型の乗り物です。2・3回地面を蹴って進みだせば、簡単なハンドル操作のみで運転することができる点が特長です。 また、自転車とは異なりまたぐ・こぐ必要もないため誰でも安全かつ簡単に乗ることができ、徒歩10〜15分程かかる短い距離への移動手段として注目されています。

▲導入する電動キックボードのイメージ

セブンハンドレッドクラブは、栃木県中央よりやや北部のさくら市に位置する100万平方メートル(約30万坪)の広大なスペースのゴルフ場です。 今回、LUUPの電動キックボードをセブンハンドレッドクラブへ導入することによって、ゴルフ場利用者の移動をより楽しく快適にすると共に、電動キックボードの社会実装に向け、 私有地における活用の有用性についても検証を実施します。



セブンハンドレッドクラブでの電動キックボード利用概要

ゴルフ場利用者のプレー中、及びプレー前後での移動手段として利用可能。ゴルフのプレーをしない方でも、ゴルフ場内の散策で利用できる。加えて、従業員の施設内移動にも使用します。
・場所:「セブンハンドレッドクラブ」の敷地内
・開始日:2019年9月7日(土)
・対象:ゴルフ場利用者、及びセブンハンドレッドクラブの従業員
・料金:無料(2019年12月31日迄)
・乗車条件:身長120cm以上、14歳以上、平らな靴をはいている方、怪我をしていない方、飲酒をしていない方 など(自転車に乗れない方でも問題なく初回で乗れるような機体になっています)

▲2019年9月7日に開催された「高橋陽一カップ」での試乗会の様子
  ※こちらは私有地において走行をしています。 また、電動キックボードは法令上、原動機付き自転車に該当します。 公道においては、ヘルメットの着用など法規制に則る必要があります。



● 株式会社Luup 代表 岡井大輝 コメント

電動キックボードのような小型で電動のモビリティは、誰でも簡単に乗ることができる、新しい可能性を秘めた次世代の乗り物です。1-3km程度の短い距離の移動における課題を解決すると共に、 移動そのものを楽しくする可能性を秘めています。今回、セブンハンドレッドクラブ様にLUUPの電動キックボードを導入させていただくことで、電動キックボードの利便性にとどまらない「楽しさ」も利用客の皆様に伝わると大変嬉しいです。 また、電動キックボードは、世界で普及が進む一方で、日本の社会においてどういった形での実装が最も安全で望ましいのかが分かっていない状況です。セブンハンドレッドクラブ様への導入をきっかけに、 広大な私有地における電動キックボードの利便性や安全性について市民の皆様に体感いただくと共に、日本社会への実装に向けた「利用者の声」の収集が進むことに期待しています。



● セブンハンドレッドクラブ代表 小林忠広氏 コメント

様々なサービスや体験をお客様にご提案していきたい自分達にとって、Luupの電動キックボードは大人も子どもも楽しめる新しい価値提供になると確信しています。 ゴルフ場でのプレーや体験をより楽しんでいただける新しいきっかけとなればと思っています。次世代のニーズや要請を検討しながらゴルフ場を運営していく中で、 ゴルフ場に足を運んでいただくきっかけになればと願っています。今後は、よりゴルフ場利用に適した電動キックボードをLuup社と協力しながら導入したいと思っています。



会社概要

【株式会社Luupについて】
電動キックボードをはじめとする、電動マイクロモビリティのシェアリング事業「LUUP」を展開する2018年設立のベンチャー企業です。 好きな場所から好きなタイミングで電動キックボードに乗ることができる社会を実現することで、住民の普段の交通や観光時の利便性を向上させ、地域の不動産・店舗の価値の向上に貢献します。
・所在地:東京都渋谷区渋谷2-6-6
・代表者:岡井大輝
・創業:2018年7月
・URL:https://luup.sc/


●株式会社Luup代表取締役社長 岡井大輝 プロフィール
東京大学農学部を卒業。卒業後、戦略系コンサルティングファームに参画。その後、株式会社Luupを創業し、主婦や元介護士がスポットで家庭の介護活動をお手伝いする介護士版Uber事業を立ち上げるも、 日本の現状の交通インフラがCtoCに不向きであることを背景として撤退。
その後、今後の日本に必要な交通インフラとして、電動キックボードをはじめとする電動マイクロモビリティのシェアリング事業を開始。 2019年4月に浜松市・奈良市・四日市市・多摩市・横瀬町の5自治体と連携協定を締結。5月には国内の主要電動キックボード事業者を中心にマイクロモビリティ推進協議会を立ち上げ、会長に就任。 6月には経済産業省主催のスタートアップ支援プログラム「J-Startup2019」特待生に選定。


【セブンハンドレッドクラブについて】
・施設名称:セブンハンドレッドクラブ
・所在地:〒329-1414 栃木県さくら市早乙女2370番地
・用地面積:100.2万平方メートル(30.3万坪) 自社所有地
・コース:18番ホールズ パー72 6865ヤード  設計:和泉一介
・オープン:1980年5月
・経営:株式会社セブンハンドレッド
・代表者:小林忠広
・URL:http://www.700c.jp/


●株式会社セブンハンドレッド代表取締役社長 / NPO法人スポーツコーチング・イニシアチブ代表理事 小林忠広 プロフィール
慶應大学法学部卒、慶應大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修了。 スポーツを用いて、社会課題の解決を図ることの出来る人間になることを志す。 事業承継により日本最年少のゴルフ場社長として経営を行う。「みんなが幸せを実感できるゴルフ場」をビジョンとし、地域とゴルフ場の融合を図る事業の他、新しい次世代ゴルフ場作りを経営戦略として行っている。
日本ラグビー協会U20日本代表総務補佐、日本オリンピック委員会の臨時雇用員を経て、NPO法人スポーツコーチング・イニシアチブを設立。 アショカ・フェローでPositive Coaching Alliance(PCA)の設立者ジム・トンプソンの提唱する「ダブル・ゴール・コーチング」の日本普及を通し、スポーツ教育の変革を目指した活動も行う。 スポーツを用いて社会課題の解決に取り組んでいる人材を対象とした国連とスポーツ庁とプロジェクトマネジメント研修(UNOSDP & Japan Project Management Seminar on SDP)に選出(2017年)。 第4回全国創業スクール選手権にて中小企業庁長官賞を受賞。


【本リリースに関するお問い合わせ先】
● 株式会社Luup
担当:広報 松本
TEL:090-6536-1115
E-mail:pr@luup.co.jp

● セブンハンドレットクラブ
担当:広報 星
TEL:090-1032-5642
E-mail:hoshikumiko@gmail.com

私有地における電動マイクロモビリティ導入を検討されている方へ

LUUPは、電動キックボードをはじめとする電動マイクロモビリティの私有地導入を進めています。
利用者やスタッフの移動を快適かつ効率的にできる電動マイクロモビリティの導入をご検討の方は、 以下メールアドレス宛に、お名前・所属・お問い合わせ内容を記載し、メールをお送りください。
contact@luup.co.jp