PRESS

2019.09.19

電動マイクロモビリティのLUUPがNTT東日本のアクセラレータープログラムに採択、秋葉原UDXにて試乗会を実施
〜通常モデルの二輪電動キックボードに加えて、「高齢者向け四輪電動キックボード」が国内で初のお披露目予定〜


株式会社Luup(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:岡井大輝、以下Luup)は、 東日本電信電話株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:井上福造、以下NTT東日本)が実施する 「NTT EAST ACCELERATOR PROGRAM LIGHTnIC」(NTTイースト・アクセラレーター・プログラム・ライトニック)に採択され、 取り組みの第一弾として「高齢者向け四輪電動キックボード」の試乗会を実施します。本プログラムを通じて、NTT東日本の持つ「カメラ」や「Wi-Fi」などの技術アセットを活用し、 電動キックボードのシェアリングにおけるセキュリティ対策や消費者の移動データ収集などに活用していく見通しです。

試乗会にて使用する「高齢者向け四輪電動キックボード」(※仮名称)のイメージ画像

株式会社Luupは、二輪電動キックボード、高齢者向け四輪電動キックボード、シニアカー、そして電動バイクをはじめとする電動マイクロモビリティを包括的に扱うシェアリングサービス 「LUUP」の将来的な社会実装を目指しています。好きな場所から好きなタイミングで電動マイクロモビリティに乗ることができる社会を実現することで、日常生活や観光時における移動の利便性向上を目指しています。

NTT東日本のアクセラレータープログラムを通じて、「電動マイクロモビリティのシェアリングサービスの安全な社会実装」の実現に向けて、 NTT東日本・NTTグループの持つ通信アセット・サービス基盤をLUUPと掛け合わせたサービスの実現を検討してまいります。具体的には、NTT東日本の持つアセットである「カメラ」や「Wi-Fi」を活用し、 電動キックボードのシェアリングサービスにおける「セキュリティ対策」や「消費者の移動データ収集」の強化を行うような事業連携を検討しています。

NTT東日本アクセラレータープログラム担当者 山本将裕氏 コメント

NTT東日本・グループ会社のアセットを活用しながらスタートアップの皆様と社会課題を解決する事業共創の仕組みとしてアクセラレータープログラムを立上げました。 昨今の高齢者の運転事故問題や、買い物弱者問題、急増する観光客問題など、地域の移動手段には課題があると考えております。 国内発のLuup社の電動マイクロモビリティシェアリングサービスが、新たなモビリティの手段として広く普及していくことを期待しています。

試乗会のご案内

本アクセラレータープログラム参加における取り組みの第一弾として、2019年10月7日(月)・8日(火)に、秋葉原UDX(東京都千代田区外神田4丁目14−1)にて試乗会を実施します。

内容
「LUUP」の電動キックボードの体験、高齢者向け四輪電動キックボードの体験
※高齢者向け四輪電動キックボードは、通常の二輪モデルと比較して低速度となっています

実施場所
秋葉原UDX 1F(東京都千代田区外神田4丁目14−1) UDXアキバ広場・サボニウス広場
(私有地スペースをチェーンなどで区切り、歩行者と分離する形で実施)

実施期間
メディア・関係者向け: 2019年10月7日(月) 11:00~18:00
一般向け:       2019年10月8日(火) 11:00~18:00

料金
無料

一般向け申し込みフォーム(先着順)
https://luup-and-ntteast-1007-1008.peatix.com
※フォームより申し込み頂いた方は優先的にご案内させていただきます。

乗車条件
身長120cm以上、14歳以上、平らな靴をはいている方、怪我をしていない方、飲酒をしていない方 など(自転車に乗れない方でも問題なく初回で乗れるような機体になっています)

※一般向けお申し込みフォーム QRコード

NTT東日本のアクセラレータープログラムの概要



「NTT EAST ACCELERATOR PROGRAM LIGHTnIC」は、NTT東日本・NTTグループの持つアセットをベンチャー企業が活用することで、社会・地域の課題を解決する事業を、 スピーディーにスケールさせ、地域全体に革新を起こすことを目的としたプログラムです。2019年5月20日より「スマートホーム」「スマートカンパニー」「スマートビルディング」 「スマートシティ」「スマートソサエティ」「ディスラプト」を募集テーマにして6月24日まで公募が行われました。ベンチャー100社の応募があり、 選考の結果、国内外の企業16社とNTT東日本・NTTグループのアセットを活用した協業を検討することになりました。
公式Webサイト:https://www.ntt-east.co.jp/acceleration/index.html

会社概要

【株式会社Luupについて】
株式会社Luupは、二輪電動キックボード、高齢者向け四輪電動キックボード、シニアカー、そして電動バイクをはじめとする電動マイクロモビリティを包括的に扱うシェアリングサービス 「LUUP」の将来的な社会実装を目指しています。好きな場所から好きなタイミングで電動マイクロモビリティに乗ることができる社会を実現することで、日常生活や観光時における移動の利便性向上を目指しています。
・所在地:東京都渋谷区渋谷2-6-6
・代表者:岡井大輝
・創業:2018年7月
・URL:https://luup.sc/


●株式会社Luup代表取締役社長 岡井大輝 プロフィール
東京大学農学部を卒業。卒業後、戦略系コンサルティングファームに参画。その後、株式会社Luupを創業し、主婦や元介護士がスポットで家庭の介護活動をお手伝いする介護士版Uber事業を立ち上げるも、 日本の現状の交通インフラがCtoCに不向きであることを背景として撤退。
その後、今後の日本に必要な交通インフラとして、電動キックボードをはじめとする電動マイクロモビリティのシェアリング事業を開始。 2019年4月に浜松市・奈良市・四日市市・多摩市・横瀬町の5自治体と連携協定を締結。5月には国内の主要電動キックボード事業者を中心にマイクロモビリティ推進協議会を立ち上げ、会長に就任。 6月には経済産業省主催のスタートアップ支援プログラム「J-Startup2019」特待生に選定。


【東日本電信電話株式会社について】
NTT東日本は、東日本地域(新潟、長野、山梨、神奈川以東の17都道県)において、最先端のICT技術を活かしたサービスの開発・販売、通信回線や基幹ネットワークの構築・運用等を行い、 ビジネス・ライフスタイルの革新、安全・安心な社会を支える地域通信会社です。
・所在地:東京都新宿区西新宿3-19-2
・代表者:井上 福造
・創業:1999年7月1日
・URL:https://www.ntt-east.co.jp/


【本リリースに関するお問い合わせ先】
● 株式会社Luup
担当:広報 松本
TEL:090-6536-1115
E-mail:pr@luup.co.jp

● 東日本電信電話株式会社
担当: ビジネス開発本部 第二部門 アクセラレーション担当
TEL:03-5359-7610
E-mail:sec_ntte_accelerator-ml@east.ntt.co.jp