Luupが経産省主催の「NEW NORMAL LAB」に出展 WeWorkアイスバーグ前にて電動キックボードのポートを設置

NEWS

株式会社Luup(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:岡井大輝、以下「Luup」)は、2021年3月2日(火)に、経済産業省が主催するイベント「NEW NORMAL LAB(ニューノーマルラボ)」に出展しました。Luupは「密を避けた短距離移動手段」というテーマで電動キックボードを出展しました。

Luupは、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリング事業「LUUP」を、日本社会に安全に実装することを目指しています。現在、渋谷を中心としたエリアで小型電動アシスト自転車のシェアリング事業を展開しており、将来的には電動キックボードなどの新しい電動マイクロモビリティを導入予定です。電動マイクロモビリティのシェアリングサービスを日本社会に実装することで、一般市民に加えて、外国人観光客やご高齢者、障害のある方など、すべての人にとっての移動を便利かつ更に安全にできると考えています。

「NEW NORMAL LAB(ニューノーマルラボ)」とは

「NEW NORMAL LAB(ニューノーマルラボ)」とは、社会課題の解決を目指すスタートアップ企業の取り組みの紹介をし、体験機会を提供する取り組みです。東京・渋谷を舞台に、新しい技術を活用した課題解決を紹介します。コロナ禍による経済活動への影響や、少子高齢化などの中長期的な社会課題への対応など、幅広い課題解決を目指すスタートアップ企業を紹介しています。
公式Webサイト:https://www.meti.go.jp/newbusiness/newnormallab/


【株式会社Luupについて】
株式会社Luupは、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリング事業を通して、街じゅうを「駅前」化する新しい短距離移動インフラを創ります。 電動キックボードなどの新しいモビリティを日本で安全かつ便利に利用するための「新しい機体の実証」と、シェアリングの形での移動体験を検証する「新しいシェアサービスの実証」の2つに取り組んでいます。
・所在地:東京都渋谷区東1-8-4 INO SHIBUYA 1-2F
・取引先金融機関:三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行
・代表者:岡井大輝
・創業:2018年7月
・URL:https://luup.sc/
・アプリダウンロードURL:https://luup.onelink.me/Myjb/cfcdb04a
※LUUPアプリは、iOS 12.1 以降、iPhone 6 以降、Android OS 5.0 以降の端末でお使いいただけます。

【ポートオーナー募集中】
あなたのお店・物件の空きスペースに、LUUPポートを設置しませんか?
自販機1台分程度のスペースから設置でき、設置費用・維持コストは一切かかりません。
下記のページの「ポート設置申込」ボタンよりお気軽にご相談ください。
https://www.luup-port-owner.com/
※有難いことに現在たくさんのご応募をいただいており、利用状況や既存ポートの充実度との兼ね合いから設置ができない場所もございます。あらかじめご了承ください。

● 株式会社Luup代表取締役社長兼CEO 岡井大輝 プロフィール

東京大学農学部を卒業。その後、戦略系コンサルティングファームにて上場企業のPMI、PEファンドのビジネスDDを主に担当。その後、株式会社Luupを創業。代表取締役社長兼CEOを務める。2019年5月には国内の主要電動キックボード事業者を中心に、新たなマイクロモビリティ技術の社会実装促進を目的とする「マイクロモビリティ推進協議会」を設立し、会長に就任。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
● 株式会社Luup
広報担当:松本
E-mail:pr@luup.co.jp