大阪で次世代電動シェアサイクル「LUUP」を提供開始 2021年4月2日よりキタ・ミナミエリアの2エリアにて80ポートから開始

PRESS

次世代電動シェアサイクル「LUUP(ループ)」を展開する株式会社Luup(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:岡井大輝、以下「Luup」)は、2021年4月2日(金)より大阪のキタ(梅田)・ミナミ(難波、天王寺)の2エリアにて、サービスの提供を開始します。小型電動アシスト自転車から提供を開始し、2021年の春から夏にかけて電動キックボードの導入も予定(※1)しています。

※1…電動キックボードの導入は、今後申請する新事業活動計画が、規制所管大臣の同意を得て主務大臣に認定されることを条件に実証実験として実施するものです。新事業活動計画の認定は4月中旬以降を予定しています。

Luupについて

Luupは、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリング事業を通して、日本に新しい短距離移動インフラを創ります。電動アシスト自転車や電動キックボードのみならず、電動・小型・一人乗りの電動マイクロモビリティを包括的に取り扱い、ファースト・ラストワンマイルの移動手段を確立し、全ての人が自由に移動できる未来を目指しています。

Luupは2020年5月より、都内にて次世代シェアサイクル「LUUP」を提供してまいりました。サービス開始から1年未満で250ポート(※2)以上の設置を実現しており、三密を避ける移動手段としてご利用いただいています。また、8割程度のライドが「30分以下」・6割程度のライドが「1~15分」の利用と、短距離の移動ニーズが確認できています。

※2…ポートとは、LUUPのモビリティを借りたり返したりすることができる場所のことです。

大阪展開の背景

大阪は東京に次ぐ大都市であり、大型再開発プロジェクトも進んでいるため、今後さらなる発展が見込まれます。Luupは、大阪が抱える以下の移動課題の解決に貢献できると考え、LUUPの大阪展開に至りました。

1. 短距離でも乗り換えが必要な街構造
大阪市中心部の街の構造は、幹線道路が南北に碁盤の目のように走り、多くの鉄道・地下鉄もそれに沿って存在しています。そのため、現在位置と目的地次第で、自転車移動であれば直線距離を通って5~15分程度で移動できるにも関わらず、電車を利用するとほぼ必ず乗り換えが必要になり、非効率な移動になってしまうことが多くあります。

2. 将来想定されるオーバーツーリズムの解決
2025年には大阪万博の開催を控えており、観光需要の高まりが予想されます。既存の公共交通手段のみでは、前述の通り非効率な移動になってしまうのに加え、有名かつ移動手段が確立されている観光スポットにのみ観光客が集まってしまうオーバーツーリズム状態が想定されます。

3. 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための、密を避けた移動手段の必要性
新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、公共交通機関のあり方が見直され、自宅から徒歩や自転車で移動できる範囲内での生活スタイルの確立が必要となりました。厚生労働省が発表した「新しい生活様式」では、3密を避けるための移動手段として徒歩や自転車を活用した移動が推奨されています。今後観光の足が戻るであろう大阪では特に、密を避けた移動手段の確保が急務となっています。

ポートマップ

2021年4月2日(金)より、80箇所のポートにてLUUPをご利用いただけます。ポート数は今後更に拡大予定です。LUUPポートの詳細は、アプリから確認できます。

大阪のポートマップ

ポート設置場所(一部)のご紹介

ポート設置場所(一部)

●大阪駅中央北口
・住所:大阪府大阪市北区梅田3-1-1
・最寄り駅からのアクセス:大阪駅中央口より徒歩1分
・利用可能台数:70台

● 南海なんば西口駐輪場
・住所:大阪府大阪市中央区難波5-1-60
・最寄り駅からのアクセス:南海なんば駅西口より徒歩2分
・利用可能台数:7台

●キュープラザ心斎橋
・住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-1-10
・最寄り駅からのアクセス:心斎橋駅より徒歩1分
・利用可能台数:5台

●天王寺駅
・住所:大阪府大阪市天王寺区悲田院町10−45
・最寄り駅からのアクセス:天王寺駅公園口より徒歩2分
・利用可能台数:30台

●THE STAY OSAKA心斎橋
・住所:大阪府大阪市中央区島之内1-14−29
・最寄り駅からのアクセス:長堀橋駅より徒歩3分
・利用可能台数:10台

ご利用方法

● アプリダウンロード〜会員登録の方法
1. 次のURLにアクセスして、LUUPアプリをダウンロードしてください。
2. ダウンロードが完了したら、電話番号を入力し、SMS認証を行ってください。
3. 認証後、お名前・メールアドレスを入力してください。
4. クレジットカード情報を登録してください。
以上、4ステップで会員登録が完了します。

会員登録の流れ

● ライド開始方法
1. LUUPアプリを開いて、ライドを開始したいポートを探してください。
2. アプリ内のポート台数表示から、ポートに小型電動アシスト自転車があることを確認し、ポートに向かってください。
3. 「ロック解除」ボタンを押してカメラを起動し、QRコードを読み取ってください。
4. 目的地ポートを選択し、返却する場所を予約してください。なお、目的地ポートはあとから変更することができます。
5. スマートロックが解錠されたら、安全にライドをお楽しみください。
6. 目的地ポートに到着したら、枠線内に返却してください。
7. 鍵をかけて、返却時の写真を送信したら決済が完了し、ライドが終了します。
ライド中にトラブルがあった場合は、アプリ上のお問い合わせフォームからご連絡ください。

ライド開始方法

● ご利用料金
初乗り10分110円、それ以降1分16.5円(税込)

● 小型電動アシスト自転車台数
渋谷エリアでのサービス開始時と同様、50台の提供から開始します。※2021年4月2日時点。台数は順次増やしていく予定です。

今後の展望

大阪のキタ(梅田)・ミナミ(難波、天王寺)の2エリアを起点とし、今後さらに対応エリアやポート数の増加を行う予定です。また、2021年の春から夏にかけて、小型電動アシスト自転車に加えて電動キックボードなどの新しい電動マイクロモビリティも導入予定です。

【株式会社Luupについて】
株式会社Luupは、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリング事業を通して、街じゅうを「駅前」化する新しい短距離移動インフラを創ります。 電動キックボードなどの新しいモビリティを日本で安全かつ便利に利用するための「新しい機体の実証」と、シェアリングの形での移動体験を検証する「新しいシェアサービスの実証」の2つに取り組んでいます。
・所在地:東京都渋谷区東1-8-4 INO SHIBUYA 1-2F
・取引先金融機関:三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行
・代表者:岡井大輝
・創業:2018年7月
・URL:https://luup.sc/
・アプリダウンロードURL:https://luup.onelink.me/Myjb/cfcdb04a
※LUUPアプリは、iOS 12.1 以降、iPhone 6 以降、Android OS 5.0 以降の端末でお使いいただけます。

● 株式会社Luup代表取締役社長兼CEO 岡井大輝 プロフィール
東京大学農学部を卒業。その後、戦略系コンサルティングファームにて上場企業のPMI、PEファンドのビジネスDDを主に担当。その後、株式会社Luupを創業。代表取締役社長兼CEOを務める。2019年5月には国内の主要電動キックボード事業者を中心に、新たなマイクロモビリティ技術の社会実装促進を目的とする「マイクロモビリティ推進協議会」を設立し、会長に就任。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
● 株式会社Luup
広報担当:松本
E-mail:pr@luup.co.jp
TEL:090-6536-1116