LUUPがTBS系火曜ドラマ「ユニコーンに乗って」に採用されました 7月5日(火)よる10時スタート、主人公らが働くオフィスに通勤手段として登場

PRESS

2022年7月5日(火)よる10時より放送が開始されるTBS系火曜ドラマ「ユニコーンに乗って」に、株式会社Luup(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:岡井大輝、以下「Luup」)が提供する電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」が採用されました。

ドラマでは、主人公らが働くオフィスビルの1階にLUUPのポートが導入されており、登場人物たちの通勤手段として日々愛用いただいています。第2話以降、複数回にわたって登場予定です。今回のドラマへの採用をきっかけに、視聴者の方々がLUUPという新しい移動手段と、電動キックボードなどの新しいモビリティの認知・理解に繋がることに期待しています。また、ドラマで主人公が目指すように、LUUPをあらゆる人々が利用できるサービスにできるよう努めてまいります。

使用モビリティ(電動キックボード、電動アシスト自転車)

【番組概要】
[タイトル]

TBS系火曜ドラマ「ユニコーンに乗って」

[放送日時]
7月5日(火)スタート 毎週火曜よる10:00〜10:57

[番組公式サイト] https://www.tbs.co.jp/unicorn_ni_notte_tbs/
[番組公式Twitter] https://twitter.com/unicorn_tbs/
[番組公式Instagram] https://www.instagram.com/unicorn_tbs/
[番組公式Tiktok] https://www.tiktok.com/@unicorn_tbs

[あらすじ]
成川佐奈は教育系アプリを手掛ける「ドリームポニー」のCEO。5年前、大学に潜り込んで聞いた羽田早智の特別講義をきっかけに、3年前に起業。10年以内にユニコーン企業となり、世界中の人々が利用できるようなビジネスにすることを目標に日々奮闘中。だが、売上・技術ともに行き詰まる毎日に焦っていた。

そんな佐奈を心配するのは共同創設者の須崎功。佐奈が忍び込んだ大学で知り合い、今では気の許せるビジネスパートナーである。須崎は現状を変えるため、即戦力となる人員の補充を佐奈に提案。早速、ネットで求人募集をし、面接を開くこととなる。

その面接にやってきたのが、中年サラリーマンの小鳥智志だった。ひと回りも年が離れ、プログラミングの経験もなく、即戦力とは言い難い。だが、「御社の理念である“ITの力ですべての人が平等に学べる場所を作りたい”という思いに強く共感し、ここにやってまいりました」という小鳥の言葉を、佐奈はどうしても振り切ることができずにいた——。

※ユニコーン企業とは、評価額が10億ドル以上(1ドル110円換算で1,100億円)、設立10年以内の非上場のベンチャー企業を指す言葉。

【株式会社Luupについて】
株式会社Luupは、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリングサービスを通して、街じゅうを「駅前化」する新しい短距離移動インフラをつくります。現在、電動キックボードと小型電動アシスト自転車の高密度なシェアリングサービスを東京・大阪・京都・横浜で提供しています。電動マイクロモビリティの普及によるCO2削減と、ご高齢の方も乗ることができる新しい電動モビリティの導入を実現し、すべての人が安全・便利に移動できる持続可能な社会をつくります。
・所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿16階
・代表者:岡井大輝
・創業:2018年7月
・URL:https://luup.sc/
・アプリダウンロードURL:https://luup.onelink.me/Myjb/cfcdb04a

※LUUPアプリは、iOS 14 以降、iPhone 6 以降、Android OS 6.0 以降の端末でお使いいただけます。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
● 株式会社Luup

広報担当:松本・村本
E-mail:pr@luup.co.jp
報道関係者からのお問い合わせ:080-4833-1155(松本)
サービスに関するお問い合わせ:0800-080-4333