京都市とLuupが連携協定を締結し、シェアサイクルの利用・普及促進に向けた公有地活用を開始 10箇所の公有地にてLUUPの電動アシスト自転車がご利用可能に

PRESS

株式会社Luup(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:岡井大輝、以下「Luup」)は、京都市と連携協定を2023年1月31日(火)に締結し、安心・安全で利便性の高いシェアサイクルの利用環境づくりに取り組むと共に、京都市が保有する10箇所の公有地に、電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」のポートを導入することをお知らせします(※1)。

※1…本取り組みで導入されるポートは電動アシスト自転車専用となります。

背景

京都市では、公共交通を補完し、市民等の移動の利便性の向上を図る手段として、シェアサイクルの更なる利用・普及促進を目的に、京都市の公有地を活用し、サイクルポートを設置するシェアサイクル事業者及び京都市と連携協定を締結し、安心・安全で利便性の高いシェアサイクルの利用環境づくりに取り組む事業者の公募を実施していました。

Luupは、2021年11月に京都市で電動アシスト自転車のシェアリングサービスの提供を開始しました。2022年3月には電動キックボードも導入し、現在250箇所以上のポートが設置されています。日頃より、通勤や通学、買い物やお出かけ、さらには観光など、様々な場面で移動手段としてご利用いただいており、2022年9月26日(月)には世界遺産の鹿苑寺(金閣寺)にもポートが導入されました。また、適切にシェアリングサービスをご利用いただくことを目指して、複数回の安全講習会の開催などを通じて、安全対策に取り組んでまいりました。

この度、Luupの京都市内でのサービス提供の実績や安全な利用啓発の取り組みを評価いただき、選出と連携協定締結に至りました。引き続き、安全で便利なサービス提供に尽力いたします。

Luupは、2021年11月より電動アシスト自転車のシェアリングサービスを京都市内で提供しています。
2022年3月には電動キックボードも導入し、現在250箇所以上にポートを設置しています。

【メディアの皆様へ】連携協定式について

本取り組みについて、京都市と選出された事業者の連携協定締結式を下記の通り実施予定です。

(1) 日時 令和5年1月31日 (火) 午後2時〜午後3時
(2) 場所 京都市役所本庁舎4階 正庁の間 (京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488)
(3) 内容 出席者紹介、協定の趣旨説明、協定の締結、出席者挨拶、写真撮影

ご参加をご希望のメディアの皆様は、京都市の担当窓口までお問い合わせください。
● 京都市建設局自転車政策推進室
・担当者:蓑内勇太・松本拓実
・TEL:075-222-3565

導入される京都市公有地ポートの詳細

以下のポートが2023年4月1日(予定)よりご利用可能となります。

・大宮交通公園(停車可能台数:10台)
・京都市美術館(京都市京セラ美術館)(停車可能台数:7台)
・左京区総合庁舎(停車可能台数:10台)
・京都市役所前広場(停車可能台数:30台)
・JR 梅小路京都西駅西側の土地(停車可能台数:22台)
・七条堀川交番西側の土地(停車可能台数:20台)
・梅小路公園(停車可能台数:5台)
・地下鉄九条駅南側の土地(停車可能台数:10台)
・阪急桂駅西側(京都市桂駅自転車等駐車場南側)の土地(停車可能台数:10台)
・地下鉄竹田駅南側の土地 (停車可能台数:10台)

【株式会社Luupについて】
株式会社Luupは、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリングサービスを通して、街じゅうを「駅前化」する新しい短距離移動インフラをつくります。現在、電動キックボードと小型電動アシスト自転車の高密度なシェアリングサービスを東京・大阪・京都・横浜・栃木で提供しています。電動マイクロモビリティの普及によるCO2削減と、ご高齢の方も乗ることができる新しい電動モビリティの導入を実現し、すべての人が安全・便利に移動できる持続可能な社会をつくります。
・所在地:東京都千代田区神田佐久間町三丁目21番地24 AKIHABARA CENTRAL SQUARE 4階
・取引先金融機関:三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行
・代表者:岡井大輝
・創業:2018年7月
・URL:https://luup.sc/
・アプリダウンロードURL:https://luup.onelink.me/Myjb/cfcdb04a

※LUUPアプリは、iOS 14 以降、iPhone 6s 以降、Android OS 8.0 以降の端末でお使いいただけます。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
●株式会社Luup

広報担当:松本・村本
E-mail:pr@luup.co.jp
報道関係者からのお問い合わせ:080-4833-1155(松本)
サービスに関するお問い合わせ:0800-080-4333