初の世界遺産・寺社仏閣への導入!金閣寺にLUUPのポートを設置

株式会社Luup(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:岡井大輝、以下「Luup」)は、京都市北区の世界遺産・鹿苑寺(金閣寺)に、電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」のポートを導入したことをお知らせします。世界遺産および寺社仏閣に併設してLUUPのポートが設置されるのは、今回が初となります。本ポートは、2022年9月26日(月)より利用が可能です。

導入の背景

Luupは、”街じゅうを「駅前化」するインフラをつくる”をミッションに、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティの高密度なシェアリングサービス「LUUP」を展開しています。現在、電動アシスト自転車や電動キックボードが利用でき、ポート数は合計2,000箇所以上、そのうち京都市内は160箇所以上に拡大しています。将来的には、ご高齢の方も乗ることができる3〜4輪のユニバーサルな電動モビリティの導入や、日本全国への展開を目指しており、すべての人が安全・便利に移動できる持続可能な社会を実現します。

鹿苑寺(金閣寺)は、金色の舎利殿が豪華絢爛に輝く、京都でも特に人気の観光名所です。1467年の応仁の乱や1950年の舎利殿への放火など、多くの困難を経験しながらも再建されてきました。1994年には「古都京都の文化財」として世界文化遺産に登録され、格式も最高位の寺院です。

今回、鹿苑寺(金閣寺)にLUUPのポートを導入することによって、地元の皆さまはもちろん、観光客の方々に京都の歴史ある観光スポットを巡る新たな移動手段としてご活用いただき、回遊性と観光体験のさらなる向上を目指します。今後は、インバウンド復活の状況を勘案しながら、オーバーツーリズムへの対応も検討してまいります。

鹿苑寺(金閣寺)執事長 山木氏のコメント

市民や拝観の方々の新たな交通手段としてLUUPのポートを設置させていただきました。安全面を最優先に、今後もポートが周辺に充実し、市民や拝観の方々の利便性が向上することを大いに期待しております。

ポート詳細

● 鹿苑寺(金閣寺)
・住所:京都府京都市北区衣笠馬場町28
・利用可能台数:15台
・利用可能モビリティ:電動キックボード、電動アシスト自転車
・利用開始日:9月26日(月)

LUUPサービス概要

【サービス概要】
・内容
電動キックボードと電動アシスト自転車のシェアアプリ

・詳細
スマートフォンアプリ「LUUP」を用いて、電動キックボードや電動アシスト自転車に乗車し、街じゅうにあるポートからポートへの移動ができます。電動キックボードのシェアリングに関しては、「新事業特例制度」の認定を受け、実証実験として提供しています。

・ご利用料金
ライド基本料金50円(税込)、時間料金1分あたり15円(税込)

・ご利用方法
スマートフォンアプリ「LUUP」からご利用できます

【電動キックボードのご利用について】
・ご利用条件
アプリから①運転免許証登録と②交通ルールテストの満点合格が電動キックボードのご利用条件となります。電動アシスト自転車のみのご利用の場合、これらの対応は不要です。

・保険
対物賠償、対人賠償、ご自身のお怪我が保険の対象です。
https://support.luup.sc/hc/ja/articles/360051962573-%E4%BF%9D%E9%99%BA%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

・備考
車両の走行が著しく多い道路については、安全性を鑑み自主的に走行禁止道路としています。走行禁止道路はアプリ上のマップで表示し、利用者に迂回を促します。

LUUPポートの導入にご興味のある方へ

LUUPでは、京都市内でポートを導入いただけるオーナー様を募集しています。活用したいデッドスペースがある方や、空いている駐車場スペースがある方は是非ご検討ください。
詳細はこちら:https://lp.luup.sc/port-owner

【金閣寺について】
正式名称を鹿苑寺といい、相国寺の塔頭寺院の一つ。舎利殿「金閣」が特に有名なため一般的に金閣寺と呼ばれています。元は鎌倉時代の公卿、西園寺公経の別荘を室町幕府三代将軍の足利義満が譲り受け、山荘北山殿を造ったのが始まりとされています。金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土をこの世にあらわしたと言われ、有名な一休禅師の父である後小松天皇を招いたり、中国との貿易を盛んにして文化の発展に貢献した舞台で、この時代の文化を特に北山文化といいます。義満の死後、遺言によりお寺となり、夢窓国師を開山とし、義満の法号鹿苑院殿から二字をとって鹿苑寺と名づけられました。

【株式会社Luupについて】
株式会社Luupは、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリングサービスを通して、街じゅうを「駅前化」する新しい短距離移動インフラをつくります。現在、電動キックボードと電動アシスト自転車の高密度なシェアリングサービスを東京・大阪・京都・横浜・仙台で提供しています。電動マイクロモビリティの普及によるCO2削減と、ご高齢の方も乗ることができる新しい電動モビリティの導入を実現し、すべての人が安全・便利に移動できる持続可能な社会をつくります。
・所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿16階
・代表者:岡井大輝
・創業:2018年7月
・URL:https://luup.sc/
・アプリダウンロードURL:https://luup.onelink.me/Myjb/cfcdb04a

※LUUPアプリは、iOS 14 以降、iPhone 6 以降、Android OS 8.0 以降の端末でお使いいただけます。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
● 株式会社Luup
広報担当:松本・村本
E-mail:pr@luup.co.jp
報道関係者からのお問い合わせ:080-1410-0134 (村本)
サービスに関するお問い合わせ:0800-080-4333

日本最大のホテルチェーン・アパホテルに「LUUP」のポートを導入開始

株式会社Luup(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:岡井大輝、以下「Luup」)は、アパホテル株式会社(本社:東京都港区赤坂、社長:元谷芙美子)が展開するアパホテル〈浅草新御徒町駅前〉および2022年10月19日開業の〈六本木駅東〉に、電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」のポートを導入することをお知らせします。〈六本木駅東〉については、開業と同日にポートが利用開始可能になる予定です。

導入の背景

Luupは、”街じゅうを「駅前化」するインフラをつくる”をミッションに、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティの高密度なシェアリングサービス「LUUP」を展開しています。現在、電動アシスト自転車や電動キックボードが利用でき、都内のポート数は1,410箇所以上に拡大しています。将来的には、ご高齢の方も乗ることができる3〜4輪のユニバーサルな電動モビリティの導入や、日本全国への展開を目指しており、すべての人が安全・便利に移動できる持続可能な社会を実現します。

アパホテルは、702ホテル107,161室(※)を展開する、日本最大のホテルチェーンです。アフターコロナにおけるニーズの変化や DX化の波を捉えながら、国内で圧倒的なNo.1となるべく、2027年3月末までにアパホテルネットワークとして15万室展開を目指しています。〈浅草新御徒町駅前〉は、ビジネスだけではなく、観光拠点として国内レジャー、インバウンドなど幅広い宿泊需要を取り込むことを目指しています。10月19日開業の〈六本木駅東〉は、大浴殿・展望テラス・プール完備の全室禁煙ホテルで、都心一等地において滞在そのものを楽しめる「アーバンリゾート」となっています。

今回、アパホテルにLUUPのポートを導入することによって、観光客、ビジネス客問わず新たな移動手段としてご活用いただき、利便性が向上するとともに街の新たな魅力を知るきっかけになると考えています。

※建築・設計中・海外、FC、アパ直参画ホテルを含む

LUUPのポートが導入されたアパホテル一覧

● 浅草新御徒町駅前
・住所:東京都台東区元浅草1丁目6−11
・利用可能台数:5台
・利用可能モビリティ:電動キックボード、電動アシスト自転車

〈浅草新御徒町駅前〉のポート

● 六本木駅東
・住所:東京都港区六本木3丁目18−6
・利用可能台数:6台
・利用可能モビリティ:電動キックボード、電動アシスト自転車
・利用開始日:10月19日(水)

〈六本木駅東〉のイメージ

LUUPポートの導入にご興味のある方へ

LUUPでは、ポートを導入いただけるオーナー様を募集しています。活用したいデッドスペースがある方や、空いている駐車場スペースがある方は是非ご検討ください。
詳細はこちら:https://lp.luup.sc/port-owner

【アパグループについて】
アパホテルネットワークとして全国最大の702ホテル107,161室(建築・設計中・海外、FC、アパ直参画ホテルを含む)を展開している。2010年4月にスタートした「SUMMIT 5(頂上戦略)」を継承し、2022年4月より新たな5ヶ年計画「AIM5~APA Innovative Movement」を始動。アフターコロナにおけるニーズの変化や DX化の波を捉えながら、国内で圧倒的なNo.1ホテルチェーンとなるべく、2027年3月末までにアパホテルネットワークとして15万室展開を目指す。※建築・設計中含む

【株式会社Luupについて】
株式会社Luupは、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリングサービスを通して、街じゅうを「駅前化」する新しい短距離移動インフラをつくります。現在、電動キックボードと電動アシスト自転車の高密度なシェアリングサービスを東京・大阪・京都・横浜・仙台で提供しています。電動マイクロモビリティの普及によるCO2削減と、ご高齢の方も乗ることができる新しい電動モビリティの導入を実現し、すべての人が安全・便利に移動できる持続可能な社会をつくります。
・所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿16階
・代表者:岡井大輝
・創業:2018年7月
・URL:https://luup.sc/
・アプリダウンロードURL:https://luup.onelink.me/Myjb/cfcdb04a

※LUUPアプリは、iOS 14 以降、iPhone 6 以降、Android OS 8.0 以降の端末でお使いいただけます。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
● 株式会社Luup
広報担当:松本・村本
E-mail:pr@luup.co.jp
報道関係者からのお問い合わせ:080-1410-0134(村本)
サービスに関するお問い合わせ:0800-080-4333

東横INN14店舗にLUUPのポートを一斉導入

株式会社Luup(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:岡井大輝、以下「Luup」)は、株式会社東横イン(本社:東京都大田区、代表執行役社長:黒田麻衣子、以下「東横イン」)が運営するビジネスホテル「東横INN」都内14店舗に、電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」のポートを導入したことをお知らせします。今後、都内含め他エリアにも導入店舗を拡大予定です。

導入の背景

Luupは、”街じゅうを「駅前化」するインフラをつくる”をミッションに、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」を展開しています。現在、電動アシスト自転車や電動キックボードが利用でき、ポート数は都内1,400箇所以上に拡大しています。将来的には、ご高齢の方も乗ることができる3〜4輪のユニバーサルな電動モビリティの導入や、日本全国への展開を目指しており、すべての人が安全・便利に移動できる持続可能な社会を実現します。

東横インは、「全国ネットワークの基地ホテル」をコンセプトに、1都1道2府42県に日本一の客室数を展開するビジネスホテルチェーン「東横INN」を運営しています。(国内318店舗、海外16店舗 合計334店舗・総客室73,100室※1)。空港や新幹線駅※2をはじめとして全国どこにでもある安心感と、明日への活力をリチャージする快適な空間・サービスで、すべてのお客さまの移動を応援、最高の「行ってらっしゃい」を提供しています。

※1:2022年9月14日時点  ※2:東海道新幹線全駅に出店

今回、東横INNにLUUPのポートを導入することによって、東横INNがカスタマープロミスに掲げる「『出発するホテル』最高の行ってらっしゃいを提供します」の価値提供に貢献し、東横INNに宿泊する皆様の滞在体験をより便利、快適なものにします。「LUUPが導入されているホテルに宿泊することで、出張先、旅先での移動手段に困ることがない」と感じられるような環境を作っていきたいと考えています。

東横イン 執行役 顧客満足推進本部 商品企画部 部長 黒川久美子氏のコメント

東横INNは「外」で活躍する人、「外」を楽しむ人を応援するホテルです。「LUUP」の街じゅうを「駅前化」する、環境に優しいシェアリングサービスを提供するというコンセプトと利益性は、当社がお客さまに提供したいと考える価値と適合し、ぜひ導入したいと考えました。
ご宿泊のお客さまだけでなく、周辺にお勤め、お住まいの方々もご利用いただけます。地域共生の観点からも多くの方々に喜ばれるサービスだと思っています。

LUUPのポートが導入された東横INN一覧

・品川港南口天王洲アイル(利用可能台数:7台)
・日本橋三越前A4(利用可能台数:4台)
・浅草蔵前Ⅰ(利用可能台数:4台)
・アキバ浅草橋駅東口(利用可能台数:4台)
・東京日本橋(利用可能台数:6台)
・大塚駅北口Ⅱ(利用可能台数:10台)
・日本橋人形町(利用可能台数:4台)
・日本橋浜町明治座前(利用可能台数:14台)
・神田秋葉原(利用可能台数:6台)
・浅草蔵前Ⅱ(利用可能台数:14台)
・上野田原町駅(利用可能台数:4台)
・池袋北口Ⅰ(利用可能台数:3台)
・溜池山王駅官邸南(利用可能台数:5台)
・新宿歌舞伎町(利用可能台数:5台)
(9月20日時点)

LUUPポートの導入にご興味のある方へ

LUUPでは、ポートを導入いただけるオーナー様を募集しています。活用したいデッドスペースがある方や、空いている駐車場スペースがある方は是非ご検討ください。
詳細はこちら:https://lp.luup.sc/port-owner

【株式会社Luupについて】
株式会社Luupは、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリングサービスを通して、街じゅうを「駅前化」する新しい短距離移動インフラをつくります。現在、電動キックボードと小型電動アシスト自転車の高密度なシェアリングサービスを東京・大阪・京都・横浜・仙台で提供しています。電動マイクロモビリティの普及によるCO2削減と、ご高齢の方も乗ることができる新しい電動モビリティの導入を実現し、すべての人が安全・便利に移動できる持続可能な社会をつくります。
・所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿16階
・代表者:岡井大輝
・創業:2018年7月
・URL:https://luup.sc/
・アプリダウンロードURL:https://luup.onelink.me/Myjb/cfcdb04a

※LUUPアプリは、iOS 14 以降、iPhone 6 以降、Android OS 8.0 以降の端末でお使いいただけます。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
● 株式会社Luup

広報担当:松本・村本
E-mail:pr@luup.co.jp
報道関係者からのお問い合わせ:080-4833-1155(松本)
サービスに関するお問い合わせ:0800-080-4333

安田不動産とLuupが連携協定を締結

電動キックボードや小型電動アシスト自転車などの「電動マイクロモビリティ」を取り扱うシェアリングサービス「LUUP(ループ)」を展開する株式会社Luup(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:岡井大輝、以下Luup)は、安田不動産株式会社(本社:​東京都千代田区​、代表取締役社長:中川雅弘、以下「安田不動産」)と2022年9月20日(火)に、神田錦町の活性化と価値向上を目的とした連携協定を締結しました。両者は電動マイクロモビリティのシェアリング事業を通して、神田錦町での短距離移動の新しい選択肢を提供して参ります。

背景

Luupは、”街じゅうを「駅前化」するインフラをつくる”をミッションに、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」を展開しています。現在、電動アシスト自転車や電動キックボードが利用でき、ポート数は都内1,410箇所以上に拡大しています。電動マイクロモビリティの普及によるCO2削減と、ご高齢の方も乗ることができる3〜4輪の新しい電動モビリティの導入を実現し、すべての人が安全・便利に移動できる持続可能な社会を目指しています。

安田不動産は、長期ビジョンである「継承×創造」の下、社会に街に、新しい価値創造を提供していくためのチャレンジを続けています。皇居の北側に位置し、当社の本社ビルが存在する神田錦町は、東京大学や学習院大学の発祥の地であり、周辺には現在も高校や大学・学術機関、出版社が集積する”学びのまち”として歴史を紡いできました。現在では、丸の内や大手町から徒歩圏内で竹橋駅を始め複数路線駅からのアクセス性の高さから、多くの企業が入居するオフィス街へと変貌し、当社はこの地で複数棟のオフィスビルを所有、管理運営を行うことで神田錦町の発展に寄与して参りました。近年ではランナーズステーションや和食店、サウナ施設等特色のある店舗を点在させることで地域を一体的に盛り上げ、地元の神田錦町四町会と共同で「神田錦町ご縁日」等地域イベントも企画し、ソフトの魅力向上にも努めています。

今回、Luupと安田不動産が連携協定を締結し、電動キックボードや電動アシスト自転車のシェアリングサービスを提供することで、神田錦町での短距離移動の新しい選択肢を提供し、街の皆様の移動をより便利にすると共に、交通ルールの啓発にも注力して参ります。

連携協定の内容

(1)神田錦町地区における電動キックボードを用いた実証実験での安全対策と利用マナー普及
(2)神田錦町地区におけるポートの導入
(3)神田錦町地区の電動マイクロモビリティ等を活用した街の価値向上推進への相互協力

神田錦町のポート設置状況について

2022年10月1日(土)より、神田錦町で、以下安田不動産保有物件のポートが利用可能となります。

● 昭栄第2ビル
・住所:東京都千代田区神田錦町3丁目15−2
・利用可能台数:8台

● 名鉄不動産竹橋ビル
・住所:東京都千代田区神田錦町3丁目15−6
・利用可能台数:3台

● 竹橋安田ビル
・住所:東京都千代田区神田錦町3丁目13−3
・利用可能台数:5台

● 神田ポートビル
・住所:東京都千代田区神田錦町3丁目9
・利用可能台数:8台

● 名古路ビル本館
・住所:東京都千代田区神田錦町3丁目13−7
・利用可能台数:5台

※更に、千代田区が運営する以下施設のポートが利用可能となります。

● 千代田プラットフォームスクエア
・住所:東京都千代田区神田錦町3丁目21
・利用可能台数:6台

また、神田錦町では以下のポートが2022年9月22日(木)より利用可能となります。

● ナインアワーズ大手町
・住所:東京都千代田区神田錦町3丁目11−15
・利用可能台数:4台

【株式会社Luupについて】
株式会社Luupは、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリングサービスを通して、街じゅうを「駅前化」する新しい短距離移動インフラをつくります。現在、電動キックボードと電動アシスト自転車の高密度なシェアリングサービスを東京・大阪・京都・横浜・仙台で提供しています。電動マイクロモビリティの普及によるCO2削減と、ご高齢の方も乗ることができる新しい電動モビリティの導入を実現し、すべての人が安全・便利に移動できる持続可能な社会をつくります。
・所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿16階
・代表者:岡井大輝
・創業:2018年7月
・URL:https://luup.sc/
・アプリダウンロードURL:https://luup.onelink.me/Myjb/cfcdb04a

※LUUPアプリは、iOS 14 以降、iPhone 6 以降、Android OS 8.0 以降の端末でお使いいただけます。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
● 株式会社Luup
広報担当:松本・村本
E-mail:pr@luup.co.jp
報道関係者からのお問い合わせ:080-4833-1155(松本)
サービスに関するお問い合わせ:0800-080-4333

● 安田不動産株式会社
担当:資産営業第一部 門脇(かどわき)
TEL:03-5259-0524

「#LUUPで銭湯サウナ」企画を発足!第一弾「銭湯・サウナ開拓フェス」を9月16日(金)から9月30日(金)まで開催

株式会社Luup(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:岡井大輝、以下「Luup」)は、銭湯やサウナに通うライフスタイルを盛り上げる「#LUUPで銭湯サウナ」企画を発足いたしました。第一弾キャンペーンとして、「銭湯・サウナ開拓フェス」を9月16日(金)13:00〜9月30日(金)23:59まで開催します。東京都にある17店舗の銭湯サウナ施設付近のポートでのライドが60分5回まで無料になり、併せてLUUPオリジナルグッズがもらえるスタンプラリーを実施します。

「#LUUPで銭湯サウナ」企画 発足の背景

近年、空前のブームとなっているサウナ。リラックス状態を示す「ととのう」というフレーズが流行し、「サ活(サウナ活動)」を楽しむ方々が急増しています。この度、銭湯・サウナをご利用するお客様に、LUUPがあることで「新しいライフスタイルが送れるようになった」と感じていただく機会をもっと増やしたいという思いから「#LUUPで銭湯サウナ」企画を発足いたしました。
LUUPがあることで、「いつもの銭湯にすぐに行ける」「ちょっと離れた銭湯に、足を伸ばしてみる」「ととのった体で電動キックボードで帰ると風が気持ちいい」そんなことを感じてもらい、銭湯・サウナのある生活がもっと身近になってほしいと考えております。

<「#LUUPで銭湯サウナ」企画ページ>
https://lp.luup.sc/sauna

「銭湯・サウナ開拓フェス」詳細

<「銭湯サウナ開拓フェス」キャンペーンページ>
https://lp.luup.sc/sauna/kaitakufes

期間
2022年9月16日(金)13:00〜9月30日(金)23:59
※予告なく変更・中止させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

対象エリア
東京エリア

対象者
LUUPアプリにご登録いただいている方ならどなたでもご利用いただけます。

キャンペーン内容
①参加銭湯・サウナ付近のポートでのライド(乗車 or 降車)が60分5回まで無料!

【対象ポートの確認方法】

【参加方法】
LUUPアプリをダウンロードし、ユーザー登録を行ってください。対象ポートから通常通りライドを開始することで、自動的に60分間無料の状態でライドが開始します。またはその他のポートから対象ポートへライドすることで、60分以内のライドが無料となります。なお、ユーザー登録にはクレジットカードの登録が必要ですが、60分以内の乗車であれば課金はされません。

【備考】
利用時間が60分を超過した場合は、60分以降のライドについて通常料金(15円/分)の課金が発生します。

②LUUPオリジナルグッズがもらえるスタンプラリー

【参加方法】

  1. LUUPを使って銭湯/サウナにGO
  2. 参加店舗の店内に設置してあるQRコードを読み込みスタンプをゲット
  3. スタンプを集めて、オリジナルグッズのプレゼントカードを参加店舗でもらおう
  4. プレゼントは後日郵送にてお渡しいたしますので、プレゼントカードの応募フォームから必要情報を入力し到着をお待ちください。

【備考】
・賞品は数量限定となりますので、なくなり次第終了となります。
・賞品はお一人様それぞれ1個限りとなります。
・スタンプは1回の来店で1度のみ取得可能です。
・不正な参加が確認できた場合、応募が無効となる場合があります。

③「#LUUPで銭湯サウナ」投稿キャンペーン

Twitter、もしくはInstagramでLUUPの公式アカウントをフォローし、「#LUUPで銭湯サウナ」をつけて投稿すると抽選でLUUPオリジナルグッズが当たります。銭湯・サウナやLUUPの写真付きの投稿で当選確率UP!

【参加方法】
1. SNSアカウントをフォロー
 Instagram:https://www.instagram.com/luup.official/ 
 Twitter:https://twitter.com/Luup_Official
2. 「#LUUPで銭湯サウナ」のハッシュタグをつけて投稿
※銭湯・サウナやLUUPの写真付きで投稿すると当選確率UP

【賞品】
抽選3名:LUUPオリジナルTシャツ
抽選10名:LUUPオリジナルナップザック

【備考】
次に該当する場合、応募が無効となる場合があります。
・交通ルールに違反、危険走行、迷惑行為とみなされる場合
・Twitter/Instagramアカウントを非公開設定にしている場合
・LUUP公式TwitterまたはInstagramをフォローしていない場合
・キャンペーン期間にInstagramアカウントを削除、ユーザーネームを変更された場合
・Twitter/Instagramの利用規約に反する不正なアカウント(架空アカウント、他人のなりすましアカウント、同一人物による複数アカウントなど)を利用して応募した場合

「#LUUPで銭湯サウナ」企画第二弾に参加いただける温浴施設の募集開始

「 #LUUPで銭湯サウナ」企画では、銭湯サウナ開拓フェスを始め、LUUPと銭湯、サウナが身近にある生活を盛り上げるキャンペーンを実施してまいります。第二弾企画は10〜11月を予定しており、キャンペーンにご参加いただける温浴施設を募集します。参加をご希望の温浴施設は以下のメールアドレスへご連絡ください。

メールアドレス:contact@luup.co.jp

参加銭湯・サウナ

妙法湯、小杉湯、サウナランド浅草、金春湯、改良湯、PARADISE、天然温泉 湯どんぶり栄湯、光明泉、東京浴場、健康浴泉、yksi SAUNA&STAY、SAUNA & co、第二宝湯、寿湯、両国湯屋江戸遊、並乃湯、日の出湯(順不同)

LUUPのご利用方法

アプリのご利用方法
1. 「LUUP」をダウンロードし、会員登録を行ってください。ダウンロードリンク:https://luup.onelink.me/Myjb/cfcdb04a
2. 電動キックボードの利用をご希望の方は、アカウント設定画面から運転免許証の登録と、交通ルールテストの受講を行ってください。
3. マップ画面から、ライドを開始したいポートを探してください。ポートの詳細画面からポートに電動キックボードおよび小型電動アシスト自転車があることを確認できます。
4. ポートに到着したら「ロック解除」ボタンを押してカメラを起動し、乗りたい電動キックボードまたは小型電動アシスト自転車のQRコードを読み取ってください。
5. 目的地ポートを選択し、返却する場所を予約してください。なお、目的地ポートはあとから変更することができます。
6. スマートロックが解錠されたら、機体から音がでて速度表示の液晶がつきます。安全にライドをお楽しみください。
7. 目的地ポートに到着したら、枠線内に返却してください。
8. 返却時の写真を送信したら決済が完了し、ライドが終了します。
その他 電動キックボードに関するご利用ガイド:https://luup.zendesk.com/hc/ja/sections/1500001008561

電動キックボードの乗り方
1. 地面を蹴って初速をつけ、両足を置きます。
2. ゆっくりとアクセルを押すと加速します。
3. 足で地面を蹴りながらゆるやかに曲がることができます。※今回の特例措置下において、電動キックボードを押し歩きする場合には歩行者とみなされます。走行量の多い道路などを右折する場合には、交差点で電動キックボードを一度降り、横断歩道を押し歩いて渡ってください。
4. 手元に自転車と同様の形のブレーキがあります。止まる時はゆっくりとブレーキをかけましょう。足をついて止まることも可能です。
その他 電動キックボードの乗り方を動画で視聴する:https://www.youtube.com/watch?v=mKNPniawpZs

ライド中のトラブル、友だち招待に関するお問い合わせは、アプリ内のお問い合わせフォームからご連絡ください。

【株式会社Luupについて】
株式会社Luupは、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリングサービスを通して、街じゅうを「駅前化」する新しい短距離移動インフラをつくります。現在、電動キックボードと小型電動アシスト自転車の高密度なシェアリングサービスを東京・大阪・京都・横浜・仙台で提供しています。電動マイクロモビリティの普及によるCO2削減と、ご高齢の方も乗ることができる新しい電動モビリティの導入を実現し、すべての人が安全・便利に移動できる持続可能な社会をつくります。

・所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿16階
・代表者:岡井大輝
・創業:2018年7月
・URL:https://luup.sc/
・アプリダウンロードURL:https://luup.onelink.me/Myjb/cfcdb04a

※LUUPアプリは、iOS 14 以降、iPhone 6 以降、Android OS 8.0 以降の端末でお使いいただけます。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
● 株式会社Luup
担当:明翫
E-mail:contact@luup.co.jp
ご取材に関するお問い合わせ:pr@luup.co.jp

LUUPでカゴ・スマホホルダー付きの新しい電動アシスト自転車を本格提供開始

株式会社Luup(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:岡井大輝、以下「Luup」)は、電動アシスト自転車と電動キックボードのシェアリングサービス「LUUP」に新しい電動アシスト自転車を本格導入いたします。カゴとスマホホルダーが付き、白ベースの車両にすることで視認性が向上した新型の電動アシスト自転車は、2022年6月より実施していた試験導入を経て、この度、提供台数を大幅に増やし本格提供を開始することとなりました。まずは東京から提供を開始し、秋以降は大阪・京都でも開始する予定です。なお、10月末にはLUUPの電動アシスト自転車のほぼ全てが新しいモデルの車両になる予定です。

背景

Luupは、“街じゅうを「駅前化」するインフラをつくる”をミッションに、電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」を展開しています。電動アシスト自転車や電動キックボードのみならず、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティを包括的に取り扱い、将来的にはご高齢の方も乗ることができる新しい車両の導入を見据え、全ての人が自由に移動できる未来を目指しています。

2022年2月15日には、「LUUP」のロゴを刷新し、視認性を向上させた新しい電動キックボードを発表しました。6月23日には、新しい電動アシスト自転車の試験導入を開始し、徐々に台数を増やしてまいりました。そしてこの度、提供台数を大幅に増やし本格提供を開始するに至りました。

2022年2月に発表した、新しいロゴとモビリティ
新しい電動アシスト自転車と電動キックボード
将来的に導入を目指しているユニバーサルなモビリティ

新しい電動アシスト自転車について

新しい電動アシスト自転車は、車両の小型化に引き続きこだわって開発した他、全体を白ベースにすることで視認性を向上させています。サドルの安定性の向上やカゴ・スマホホルダーの装着など、ユーザーの皆様から得られた様々なフィードバックを参考に、全体的なバージョンアップを施しました。

旧型の電動アシスト自転車や、電動キックボードと共に置くことができるよう、小型な車両であることにこだわって開発しました。
片手運転を防止するために、スマホホルダーを装着しました。
荷物を入れることができるカゴを装着しました。

【株式会社Luupについて】
株式会社Luupは、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリングサービスを通して、街じゅうを「駅前化」する新しい短距離移動インフラをつくります。現在、電動キックボードと小型電動アシスト自転車の高密度なシェアリングサービスを東京・大阪・京都・横浜で提供しています。電動マイクロモビリティの普及によるCO2削減と、ご高齢の方も乗ることができる新しい電動モビリティの導入を実現し、すべての人が安全・便利に移動できる持続可能な社会をつくります。
・所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿16階
・代表者:岡井大輝
・創業:2018年7月
・URL:https://luup.sc/
・アプリダウンロードURL:https://luup.onelink.me/Myjb/cfcdb04a
※LUUPアプリは、iOS 14 以降、iPhone 6 以降、Android OS 7.0 以降の端末でお使いいただけます。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
● 株式会社Luup
広報担当:松本・村本
E-mail:pr@luup.co.jp
報道関係者からのお問い合わせ:080-4833-1155(松本)
サービスに関するお問い合わせ:0800-080-4333

電動キックボードの安全講習会を銀座松竹スクエアで開催しました

株式会社Luup(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:岡井大輝、以下「Luup」)は、電動キックボードの安全講習会を2022年9月7日(水)に銀座松竹スクエア(東京都中央区築地1丁目13−1)にて開催しました。当日は東銀座まちづくり推進協議会(事務局:一般社団法人東銀座エリアマネジメント)と連携し、築地警察署の協力を得て、電動キックボードの正しい交通ルールのレクチャーや安全な走行方法をお伝えし、実際に試乗いただく講習会を行いました。

開催の背景

電動キックボードは手軽に密を避けて移動できるモビリティである一方、日本においては交通ルールが不明瞭な中で普及が進み、違法車両や違反走行等が社会問題化してまいりました。このような状態に対処するため、適切なルール整備のための実証実験が政府によって行われ、Luupもその実験に参加してまいりました。

2022年4月19日(火)に電動キックボード等の車両区分を新しく定める道路交通法の改正案が衆議院で可決されました。しかしながら、改正法が施行されるまでは現行法に則って乗車する必要があり、LUUPのような特例を受けている電動キックボードとそれ以外の車両に関しては、適用される法律が異なります。また、現在、電動キックボードの交通ルールを守らずに走行しているLUUP利用者が警察の取締り対象となり罰則が発生する例も起きています。重大な違反が確認された場合、Luupではアカウント凍結などの対応をとっており、電動キックボードのご利用をご遠慮いただいています。

Luupは今後も、東銀座まちづくり推進協議会と連携のもと、東銀座で生活する皆様にLUUPを安全に活用いただけるよう、違反行為撲滅に向けて安全運転の啓発活動を継続してまいります。

安全講習会の詳細

安全講習会の様子

・内容:
– 電動キックボードの安全講習会走行ルールのレクチャー
– 電動キックボード ご利用ガイドブック(※)の配布
– 電動キックボードの試乗体験(私有地内)
・場所:銀座松竹スクエア(東京都中央区築地1丁目13−1)
・アクセス:日比谷線・都営浅草線 「東銀座」 駅 徒歩2分
・日程:2022年9月7日(水)11:30〜14:00
・料金:無料
・参加特典:LUUPのアプリで使用できる初回ライド無料クーポンを配布

※本ガイドブックは、全ページをWeb上でも公開しています。https://speakerdeck.com/luup_pr/dian-dong-kitukubodofalsegoli-yong-gaidobutuku-luup

今後の展望

街の皆様に、安全な運転技術の習得と交通ルールの遵守のうえ、引き続き適切に電動キックボードのシェアリングサービスをご利用いただけるよう、今後も安全講習会の実施やルール周知のためのキャンペーン活動などを実施してまいります。


【株式会社Luupについて】
株式会社Luupは、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリングサービスを通して、街じゅうを「駅前化」する新しい短距離移動インフラをつくります。現在、電動キックボードと電動アシスト自転車の高密度なシェアリングサービスを東京・大阪・京都・横浜・仙台で提供しています。電動マイクロモビリティの普及によるCO2削減と、ご高齢の方も乗ることができる新しい電動モビリティの導入を実現し、すべての人が安全・便利に移動できる持続可能な社会をつくります。
・所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿16階
・代表者:岡井大輝
・創業:2018年7月
・URL:https://luup.sc/
・アプリダウンロードURL:https://luup.onelink.me/Myjb/cfcdb04a

※LUUPアプリは、iOS 14 以降、iPhone 6 以降、Android OS 8.0 以降の端末でお使いいただけます。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
● 株式会社Luup
広報担当:松本・村本
E-mail:pr@luup.co.jp
報道関係者からのお問い合わせ:080-4833-1155(松本)
サービスに関するお問い合わせ:0800-080-4333

LUUP、B:MING by BEAMSが展開する「はたらくおとなのビーミング。UPDATE to CITY DWELLERS」とコラボ

株式会社Luup(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:岡井大輝)が提供する電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」は、BEAMSのライフスタイルレーベル「B:MING by BEAMS」が展開する新プロジェクト「はたらくおとなのビーミング。 UPDATE to CITY DWELLERS」とコラボレーションしました。今回、LUUPの電動キックボードが、2022年9月2日(金)公開の「CASE03」の記事にストレスフリーで便利に移動できる手段として登場しています。また、コラボを記念し、B:MING LIFE STORE by BEAMSの一部店舗にて同日よりLUUPの特別クーポンの配布を行います。

コラボについて

B:MING by BEAMSは、生活様式の変化と共に働き方、ビジネスパーソンが纏う洋服も変わっていくべきだと考え、新しい仕事のスタイルに合う新しいビジネスウェア「はたらくおとなのビーミング」を、新ライン「CITY DWELLERS(シティ ドウェラーズ)」を中心に、今を生きる働く大人に向けて提案しています。

7月8日(金)より、BEAMS公式サイトにて新しい働き方とスタイルを実践する4人の大人が着こなす新コンテンツを公開しており、洋服と同じように働き方に変化をもたらしてくれる注目コンテンツとして、この度のLUUPとのコラボに至りました。

LUUPの電動キックボードは「移動が多い現代人の働くスタイルとは?」をテーマにした、9月2日(金)公開の「CASE 03」に登場します。株式会社ドナ代表の熊坂卓さんが、仕事中に東京の複雑な道を移動するために、普段からご利用されている欠かせない手段としてご紹介いただいています。コメントでは、LUUPの車両のデザイン性や風を感じる爽快感があるといった利点に触れていただきました。

「CASE03」で紹介されている商品は、2拠点生活を送りアクティブに働く熊坂さんにマッチする、老舗ワークブランド〈UNIVERSAL OVERALL〉に別注したシックなセットアップにカジュアル感をプラスしたスタイル。大人っぽい印象ながら、ラフに着られるカジュアル感も演出されているアイテムです。ストレッチが効いているため、LUUPの車両に乗る際にも適しています。

※写真は全て周囲に車両や歩行者がいないことを確認の上、安全に配慮して撮影しました。

特設ページ:https://www.beams.co.jp/special/bmingbybeams/citydwellers/

CASE03:https://www.beams.co.jp/special/bmingbybeams/citydwellers/case3/

特別クーポンの配布について

コラボを記念し、B:MING LIFE STORE by BEAMSの一部店舗にて、「CITY DWELLERS」対象商品をお買い上げのお客様に、LUUP専用アプリで使用できる「初回ライド60分無料×1回」クーポンを9月2日(金)より配布いたします。ぜひこの機会に「CITY DWELLERS」のビジネスウェアを着用の上、LUUPをご利用してみてください。

※数に限りがございますので、なくなり次第終了となります。
※対象店舗は関東、関西エリアの店舗のみとなります。

【株式会社Luupについて】
株式会社Luupは、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリングサービスを通して、街じゅうを「駅前化」する新しい短距離移動インフラをつくります。現在、電動キックボードと電動アシスト自転車の高密度なシェアリングサービスを東京・大阪・京都・横浜・仙台で提供しています。電動マイクロモビリティの普及によるCO2削減と、ご高齢の方も乗ることができる新しい電動モビリティの導入を実現し、すべての人が安全・便利に移動できる持続可能な社会をつくります。
・所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿16階
・代表者:岡井大輝
・創業:2018年7月
・URL:https://luup.sc/
・アプリダウンロードURL:https://luup.onelink.me/Myjb/cfcdb04a

※LUUPアプリは、iOS 14 以降、iPhone 6 以降、Android OS 8.0 以降の端末でお使いいただけます。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
● 報道関係者からのご取材に関して
株式会社Luup
広報担当:松本・村本
E-mail:pr@luup.co.jp
TEL:080-1410-0134(村本)

● マーケティング面での協業やコラボのご相談に関して
株式会社Luup
マーケティング担当:押川
E-mail:contact@luup.co.jp

● サービスに関して
LUUPカスタマーセンター
TEL:0800-080-4333

池袋・サンシャインシティに電動マイクロモビリティのシェアサービス 「LUUP」のポートを導入

株式会社Luup(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:岡井大輝、以下「Luup」)は、2022年9月1日(木)より、池袋・サンシャインシティに電動キックボードや電動アシスト自転車のシェアリングサービス「LUUP」のポートを設置し、サービス提供を開始します。

背景

Luupは、“街じゅうを「駅前化」するインフラをつくる”をミッションに、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリングサービスを展開しています。電動アシスト自転車や電動キックボードのみならず、電動・小型・一人乗りの電動マイクロモビリティを包括的に取り扱い、ファースト・ラストワンマイルの移動手段を確立し、全ての人が自由に移動できる未来を目指しています。

池袋エリアには、近年整備された池袋駅周辺の4つの公園(南池袋公園、中池袋公園、池袋西口公園、IKE・SUNPARK)や様々な商業施設、オフィス、ホテル、住居が広がっています。その中でサンシャインシティは、水族館・展望台などのアミューズメント施設や、アルパ・ALTAのショッピングセンターなどから成る、池袋を代表する大型複合施設です。今回、サンシャインシティにLUUPのポートを導入することにより、街の皆さまに魅力的なスポットを巡る移動手段として活用いただき、さらなる回遊性の向上を目指します。

サンシャインシティ ご担当者様からのコメント

池袋エリア内の移動に新しい選択肢が増えたことを嬉しく思っています。それだけでなく、隣接する要町、椎名町、雑司ヶ谷、大塚、巣鴨など、それぞれ個性的で魅力のあるエリアにもポートが展開されているため、いろいろな街へ気軽に行ってみようというきっかけにもなると考えています。今後もポート数が充実し、益々便利になることを期待しています。

ポート詳細

・ポート名
サンシャインシティ(西駐輪場の一角)

・住所
東京都豊島区東池袋3-3-5

・利用可能モビリティ
電動キックボード、電動アシスト自転車

・停車可能台数
10台

・利用開始日時
2022年9月1日(木)11時より

LUUPサービス概要

【サービス概要】
・内容
電動キックボードと電動アシスト自転車のシェアアプリ

・詳細
スマートフォンアプリ「LUUP」を用いて、電動キックボードや電動アシスト自転車に乗車し、街じゅうにあるポートからポートへの移動ができます。電動キックボードのシェアリングに関しては、「新事業特例制度」の認定を受け、実証実験として提供しています。

・ご利用料金
ライド基本料金50円(税込)、時間料金1分あたり15円(税込)

・ご利用方法
スマートフォンアプリ「LUUP」からご利用できます

【電動キックボードのご利用について】
・ご利用条件
アプリから①運転免許証登録と②交通ルールテストの満点合格が電動キックボードのご利用条件となります。電動アシスト自転車のみのご利用の場合、これらの対応は不要です。

・保険
対物賠償、対人賠償、ご自身のお怪我が保険の対象です。
https://support.luup.sc/hc/ja/articles/360051962573-%E4%BF%9D%E9%99%BA%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

・備考
車両の走行が著しく多い道路については、安全性を鑑み自主的に走行禁止道路としています。走行禁止道路はアプリ上のマップで表示し、利用者に迂回を促します。

LUUPポートの導入にご興味のある方へ

LUUPでは、池袋エリアを始めとし、ポートを導入いただけるオーナー様を募集しています。活用したいデッドスペースがある方や、空いている駐車場スペースがある方は是非ご検討ください。
詳細はこちら:https://lp.luup.sc/port-owner

東京のポートマップ

【株式会社Luupについて】
株式会社Luupは、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリングサービスを通して、街じゅうを「駅前化」する新しい短距離移動インフラをつくります。現在、電動キックボードと電動アシスト自転車の高密度なシェアリングサービスを東京・大阪・京都・横浜で提供しています。電動マイクロモビリティの普及によるCO2削減と、ご高齢の方も乗ることができる新しい電動モビリティの導入を実現し、すべての人が安全・便利に移動できる持続可能な社会をつくります。
・所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿16階
・代表者:岡井大輝
・創業:2018年7月
・URL:https://luup.sc/
・アプリダウンロードURL:https://luup.onelink.me/Myjb/cfcdb04a
※LUUPアプリは、iOS 14 以降、iPhone 6 以降、Android OS 8.0 以降の端末でお使いいただけます。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
● 株式会社Luup
広報担当:松本・村本
E-mail:pr@luup.co.jp
報道関係者からのお問い合わせ:080-4833-1155(村本)
サービスに関するお問い合わせ:0800-080-4333

東銀座まちづくり推進協議会とLuupが連携し、電動キックボードの安全講習会を開催

株式会社Luup(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:岡井大輝)は、2022年9月7日(水)に、東銀座まちづくり推進協議会(事務局:一般社団法人東銀座エリアマネジメント)と連携し、築地警察署交通課の協力を得て、銀座松竹スクエア(東京都中央区築地1丁目13−1)にて電動キックボードの安全講習会を開催します。

背景

株式会社Luup(以下、「Luup」)は、”街じゅうを「駅前化」するインフラをつくる”をミッションに、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」を展開しています。電動アシスト自転車や電動キックボードのみならず、電動・小型・一人乗りの電動マイクロモビリティを包括的に取り扱い、ファースト・ラストワンマイルの移動手段を確立し、全ての人が自由に移動できる未来を目指しています。

東銀座まちづくり推進協議会は、東銀座エリアの将来像や活動の方向性の検討、エリアの賑わいの創出やブランドを確立することを目指し、住民・在勤者・来街者の交流を促進すること目的として設立された団体です。東銀座周辺の関係企業・団体が協力し、地域の皆様とともに街の発展に貢献して参ります。

東銀座は、かつて大名屋敷や料亭が軒を連ね、芝居で賑わったまちです。「今と昔を結ぶまち。人と人とを結ぶまち」として、名店や劇場が変わらず存在し、時代とまち、訪れる人々を結ぶエンターテインメントのある東銀座にLUUPがあることで、最新の電動キックボードや電動アシスト自転車などのモビリティで周遊いただき、より楽しく便利に、東銀座の魅力を発見していただけると考えています。
株式会社Luupと東銀座まちづくり推進協議会が連携することにより、東銀座へのポート導入が進み、より便利に街の皆様にLUUPを活用いただけるようになるほか、電動キックボードを含む電動マイクロモビリティの正しい交通ルールを知る機会となるよう努めて参ります。

安全講習会のお知らせ

一般の方向けの安全講習会を開催します。東銀座で生活する皆さまに、電動キックボードの交通ルールや乗り方を知っていただき、LUUPを日々の移動で活用いただきたいと考えています。

●日程
2022年9月7日(水)
※雨天時は9月9日(金)に延期

●時間
・10:45〜 受付開始
・11:00〜 記者発表会 ※要事前申込
・記者発表終了後~ 電動キックボードの安全講習会
・14:00 終了予定 ※前後する可能性があります

●内容(予定)
・株式会社Luup代表 岡井大輝によるコメント、東銀座まちづくり推進協議会(事務局:一般社団法人東銀座エリアマネジメント) 事務局長 渋谷正芳によるコメント、築地警察署交通課によるコメント、フォトセッション
・電動キックボードの安全講習会:電動キックボードの走行ルールやLUUP利用方法のレクチャー、私有地内での試乗体験

●場所
銀座松竹スクエア(東京都中央区築地1丁目13−1)
(アクセス:日比谷線・都営浅草線 「東銀座」 駅 徒歩2分)

●【メディアの方向け】取材申し込み方法
取材を希望される方は、下記メールアドレス宛に9月5日(月)18時までに、以下をご連絡ください。当日の詳細について、改めてご連絡させていただきます。
・媒体名
・氏名
・連絡先
・スチール/ムービー有無
なお、新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、人数制限を設ける可能性がございますこと、ご理解いただきますようお願いします。

申し込み先メールアドレス:pr@luup.co.jp

●電動キックボードの安全講習会 参加方法
事前の申し込みは不要です。当日【11:30まで】に銀座松竹スクエア1階エントランスまでお越しください。スニーカーなど、足がカバーされていて平らな靴を着用ください。また、受付にて、同意書への記入にご協力いただきます。

●備考
・新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、検温・消毒を実施いたします。
・当日のスタッフは、健康状態の確認・検温・消毒に加え、常時マスクの着用を徹底します。
・緊急事態宣言の再発令などに伴い、開催日時が変更になる可能性があります。
・下記に該当する方は来場をお断りさせていただきます。
 - 発熱や体調不良のある方
 - 新型コロナウイルス感染症陽性者及び濃厚接触者
 - 2週間以内の発熱や体調不良等がある方
 - 2週間以内の国外への訪問歴がある方
 - マスクの着用のない方
 - スタッフの指示に従っていただけない方

東銀座まちづくり推進協議会について

東銀座まちづくり推進協議会(事務局:一般社団法人東銀座エリアマネジメント)は、東銀座エリアの将来像や活動の方向性の検討、エリアの賑わいの創出やブランドを確立することを目指し、住民・在勤者・来街者の交流を促進すること目的として設立された団体です。東銀座周辺の関係企業・団体が協力し、地域の皆様とともに街の発展に貢献して参ります。

東銀座まちづくり推進協議会
(事務局:一般社団法人東銀座エリアマネジメント)
・所在地:東京都中央区築地四丁目1番1号
・設立日:2022年4月15日
・URL:https://www.higashiginza-area.com/

※「ひがしぎんざ」の「ひ」と場所を表す@を合わせた水引に想いを込めて、地域のロゴを製作しました。
東銀座の魅力をご紹介するインスタグラムアカウント「@higashiginza_guide」も運営しております。

【株式会社Luupについて】
株式会社Luupは、電動・小型・一人乗りのマイクロモビリティのシェアリングサービスを通して、街じゅうを「駅前化」する新しい短距離移動インフラをつくります。現在、電動キックボードと小型電動アシスト自転車の高密度なシェアリングサービスを東京・大阪・京都・横浜で提供しています。電動マイクロモビリティの普及によるCO2削減と、ご高齢の方も乗ることができる新しい電動モビリティの導入を実現し、すべての人が安全・便利に移動できる持続可能な社会をつくります。
・所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿16階
・代表者:岡井大輝
・創業:2018年7月
・URL:https://luup.sc/
・アプリダウンロードURL:https://luup.onelink.me/Myjb/cfcdb04a

※LUUPアプリは、iOS 14 以降、iPhone 6 以降、Android OS 8.0 以降の端末でお使いいただけます。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
● 株式会社Luup

広報担当:松本・村本
E-mail:pr@luup.co.jp
報道関係者からのお問い合わせ:080-4833-1155(松本)
サービスに関するお問い合わせ:0800-080-4333

● 東銀座まちづくり推進協議会(事務局:一般社団法人東銀座エリアマネジメント)
広報担当:花登
E-mail:higashiginza_erimane@shochiku.co.jp
TEL:080-2176-2104(花登)